ローン選びで借入審査は気にする?気にしない?

借入審査に通らないと、当然ローンは利用できないという点を考えると、ローン選びでは審査を気にして選びたくなります。しかし、審査はどんな基準で行われているのかということは一切分かりません。どんなローンでも、審査に通らなかった理由は金融機関から伝えられないのです。

 

ということは、「借入審査が甘い。」「審査が厳しい。」といった評価はどういうところから来ているのでしょうか?これは絶対的な評価ではなく、利用者が審査に通れば「甘かったのかな…。」と感じることになるでしょう。また借りられなければ「厳しかったのだ。」と考えることになります。

 

つまり、「このローンなら絶対に審査に通る。」といったことは誰にも判断しようがないものなのです。つまり、ローンは申し込みをしてみないと通るか通らないかは分かりません。審査に通りやすいと言われているローンを見かけることや、そういったサイトを見つけることもありますが、それを選んだからといって必ず自分も借りられるとはならないのです。

 

申し込み前には審査はとても気になります。しかし、審査だけのことを考えてローン選びをするのではなく、ローンのスペックや利用方法などをみて選ぶことが大切です。

 

審査によって、借りられるかどうかや、利用できる限度額、さらに金利なども決まります。カードローンでは、事前審査と本審査の二段階で進められることが多いです。事前審査では、年収や年齢などの属性を点数化することで借入できるかどうかが判断されます。事前審査が可決になった後、本審査へと進む流れになります。