借入返済を重視してローン選び

ローン選びには借入返済を重視しておきましょう。申し込みの時点では、申し込みのことしか考えられない、あるいは借入までの流れしか考えていないということが多いのですが、必ず返済まで、借りた金額を全額返済するところまで予測してみましょう。

 

返済を重視する時には、シミュレーションをしっかりと行うことが求められます。確実に返済できる額を知ることや、返済期間を把握しておくことは、ローンだけでなくお金の計画全体に影響を及ぼします。返済できないような金額を借りないためにも、逆に考えて借入額を減らすといった方法を取らなければいけないこともあるでしょう。

 

カードローンでは基本的に毎月一定額を返済していく返済方式が取られています。この方法は毎月の出費を把握しやすく、収入とのバランスもとりやすいものです。しかし、一定の額に借入残高が減るまでは、決まった額を返済していくわけです。ですから、カードローンのように限度額までなら何度でも借りられるローンで追加借入を繰り返していると、自分がいくら借りているのかを把握できないことになるかもしれません。

 

返済計画をしっかりと立てておき、その後追加で借入をした場合は返済シミュレーションの見直しをしましょう。理想は追加借入の前に、計画を立て直すことです。ただ、ATMや振り込みキャッシングでサッと借りてしまった、銀行カードローンなどで自動融資機能が付いているので残高不足によって借りたことになった、といった場合には、後から返済計画を見直す必要があるでしょう。

 

いきなり返済のことまで考えられない、という部分も確かにありますが、借りたからには必ずしなければならないものです。余裕のある返済計画が大切になりますよ。